首・肩コリ病
(頸性神経筋症候群)

痙性神経筋症候群とは?

頚性神経筋症候群は、首の筋肉が過緊張してしまうことにより自律神経系(特に副交感神経)の働きに異常が起こることによって様々な症状が引き起こされると考えられています。

 

ただ、首の筋肉の異常が、どのようなメカニズムで自律神経に影響を与えているのかはいまだ解明されておりません。

 

 

この症状は東京脳神経センター理事長・脳神経外科医松井孝嘉先生によって提唱され名付けられた症候群で別名首こり病と呼ばれています。

 

簡単に言いますと首、肩のコリ(異常硬結)により自律神経が乱れ様々な症状が現れる疾患です。

 

症状の原因を検査してもはっきりしないことが多く、医療機関を受診しても「不定愁訴」として考えられてしまうこともあります。

 

頚性神経筋症候群は、このように原因不明にも関わらず日常生活に支障をきたすほど辛い症候群のことをいい、「首こり=首の筋肉の過緊張」が原因として考えられています。

 

首の筋肉の異常はパソコンやスマートフォンなどの使用時のうつむき姿勢を続ける(ちなみに頭は約5Kgあるといわれています)ことで生じた首の筋肉の緊張による「首コリ」から起こると考えられています。

症状

主な症状は、首の痛みや重さ、頭痛、めまい、吐き気や食欲不振などの胃腸障害、そのほか自律神経に関係する症状が現れます

 

軽度な方ですと、慢性的なだるさや倦怠感、「何となくやる気がでない」といった症状も考えられます。

 

他にも

慢性的な眼精疲労・寝ても疲れがとれない・不眠・吐き気・やる気が出ない・体がだるい・強い肩こりや腰の張り・頭がのぼせる・微熱がでる・多汗・動悸・息切れ・なんとなく目が見えにくい、視界がぼやける・強い眼精疲労・意欲感低下・うつ(痙性うつ)・過敏性腸症候群・慢性疲労症候群・ヒステリー球(咽喉頭異常感症)など。

首こりによる諸症状

原因

現代生活ではスマホやPCなどの画面を見続けることが桁違いに増え極度の眼精疲労や長時間のうつむき姿勢が首(肩、背中)の緊張を強くしている可能性があります。

 

PC作業では知らない間にあごを前に突き出してしまい、両手を前に出して行っていることも手伝って首から肩、更には背中の緊張まで強くしていると考えられます。

 

また日常生活での様々なストレスは筋緊張を強くして自律神経バランスを崩すため、この状態が長期間に及ぶと体の筋肉は過度に緊張し、特に首の筋肉の過緊張は、頚性神経筋症候群(首こり)の原因となります。

首コリ・肩コリが
自律神経バランスを崩している?

 首には

①脳に行く血管 

②内臓をコントロールしている迷走神経

③昼間の活動時に働く交感神経

 などの重要な神経、血管が存在しています。

そしてその上を覆うように様々な筋肉が走行しています。

①脳へ行く血管

①脳へ行く血管と筋肉

②内臓をコントロールしている迷走神経

②迷走神経

迷走神経は、自律神経の一つである副交感神経と深く関係しています。そのため、副交感神経に似た働きがあります。

迷走神経が主に支配している器官を、以下に挙げてみます。

感覚神経として:外耳道、咽頭、食道を支配

運動神経として:嚥下や反回神経(発生や呼吸)を支配

副交感神経として:内臓(心臓、胃、腸など)の運動を支配

このように、迷走神経は、感覚や運動、副交感神経としての働きを持つ混合神経で、生命を維持するために重要な働きをしています。

③昼間の活動時に働く
交感神経

③交感神経

①②③を覆うように筋肉が走行しています。

④首の筋肉群

首コリ、肩コリが不定愁訴を起こすことは決して間違っていないと思われます。

治療

西洋医学的治療

不定愁訴は、耳鼻科、眼科、消化器科、循環器科、脳神経外科、神経内科、整形外科、精神科などあらゆる診療科目の症状が出るのが特徴です。

各専門医の元を訪れても、病院の検査では、特別な異常が見つからないため結局は痛み止めなど、“その場しのぎ”の対症療法をされているのが現状だと思われます。

病院による治療は他にも牽引、痛み止め、安定剤、睡眠導入剤、筋弛緩剤、ブロック療法、低周波による筋緊張緩和、温熱療法などです。

当院の治療

一本鍼治療による筋緊張の緩和を図ることが一番重要です。

私たちが様々な患者様に一本鍼治療を行ってわかっていることは、首、肩、背中のコリを解消すると自律神経の諸症状が治まるという事実です。

 

そして様々な筋肉の中でも特に重要な筋肉が胸鎖乳突筋です。

 

この筋肉が過緊張(コリ)すると自律神経症状がでやすくなるのではないかと考えています。

 

この筋肉が緊張を起こす起因としては過剰なストレスがとても深く関わっているのではないかということを多くの患者様を診ていて強く感じています。

 

首、肩、背中は当然のこと、この胸鎖乳突筋も同時に緩めないと十分な効果を得られないと考えています。

この筋肉の緊張をとることがものすごく大事です

自律神経の働き

セルフチェック表で当てはまる項目をチェックしてみて下さい。
5つ以上当てはまる方は要注意です。

病院に通院してもなかなか改善しない方は是非一度足をはこんでみて下さい。

当院の一本鍼治療で首のコリを最大限に緩めることで様々な症状の改善ができます。 

是非当院の一本鍼治療をお試しください。

交通事故
労働災害

ごあいさつ

院長 合木英彦

新着情報


クレジットカード
    電子マネー
 をご利用できます。

 

アクセス・営業時間

住所

〒114-0014
東京都北区田端1-16-6

JR田端駅
 山手線/京浜東北線

JR田端駅北口徒歩5分

営業時間
 
午前 ×
午後 × ×


月~金        9:00~12:00
                     15:00~19:00
                 
                  9:00~14:00

定休日

日曜・祝日

サプリメント

乳酸菌生成エキス
            (B&S corporation)
プラズマローゲン
   (B&S corporation)
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」